人身事故とは

人身事故はできることなら起きてほしくない事故です。
その被害はお金だけで償いきれるものではありません。
人身事故は怪我を負わせるなど、人に被害が及んでいる事故。
物損事故は被害が車両やガードレールなどのものだけで済んだ事故です。
人に被害が及ばないのが一番ですが、違いはそれだけではありません。
交通事故は事故は全て人身事故と物損事故のどちらかに分類されます。
この2つの違いを知らないと事故に遭ったとき泣きを見るかもしれません。

大きな違いのひとつが自賠責保険の扱いです。
自賠責保険は物損事故の場合は補償をしてくれません。
なぜなら自賠責保険は被害者救済を目的に作られています。
人身が被害者でなければ関係ないのです。
自賠責保険は加入義務があり、運転者はみな加入しています。
だからこそ、自分が被害者になったときにも補償が受けられます。
しかし物損事故だと相手が任意保険に加入していない場合、保険による補償が受けられないのです。

さらに、加害者側からみたときの大きな違いがあります。
それは行政罰を受けるかどうかです。
人身事故であれば罰金を支払ったり、免許の点数が引かれたりといった処分がありますが、物損事故にはありません。
加害者側からすれば物損事故のほうが有利なのです。
警察の実況見分も人身と物損では重さが違います。
それだけ人身事故は人の命にかかわる重大事件なのです。
運転する側も人身事故被害の恐ろしさを知り、運転するときは集中力を欠くことがないようにしましょう。
人身事故を防ぐためにはまず運転者の意識を変えていくことが必要。
このサイトでは人身事故について知っておいていただきたいポイントをまとめました。